補修工事

クラック補修工事


クラック(ひび割れ)、これはモルタル壁のデメリットで、放置しておくと、雨漏りの原因になるので、早急に補修工事をオススメします。

専用の機械を使い、クラックをVの字にカットし下地を出します

クラック補修工事
クラック補修工事
矢印


モルタルを密着させるプライマーを塗り、カットした奥までしっかり入るようにコーキングをしてから、モルタルを塗っていきます。

クラック補修工事
矢印


モルタル補修した箇所を、既存の外壁模様と均一にするために、吹き付け補修します。

クラック補修工事
矢印


丸一日乾かして下塗り(フィーラー)を塗れば完成です。

クラック補修工事


見た目は普通のクラックですが、触ってみると簡単に壁が剥がれ落ち、下地の木とラス網が腐ってしまっていました。

外壁補修工事
外壁補修工事
矢印


下地の木とラス網を新規に取り替えてから、モルタル補修工事を行いました。

外壁補修工事
矢印


モルタル補修した箇所を、既存の外壁模様と均一にするために、
吹き付け補修します。

外壁補修工事
矢印


既存の外壁模様と均ーになっているか最終確認してから、
中塗り、上塗り作業して完成です。

※壁が剥がれ落ちてからの補修工事の場合、大規模工事になる為、早急に補修工事をオススメします。

外壁補修工事

雨漏り補修工事(折半屋根)


折半屋根のピンのコーキングが劣化しているため、ピンから雨が入り込み、雨漏りしてしまっていました。

雨漏り補修工事(折半屋根)
矢印


サンダーで劣化しているコーキングを削り取り、ピンを既存の状態に戻しました。

雨漏り補修工事(折半屋根)
矢印


ピンがこれ以上に錆ないようにする為、錆止めを塗りました。

雨漏り補修工事(折半屋根)
矢印


ピンからの雨漏りを完全に防ぐために、コーキングを打ち直すのではなく、ピン全体を隠すタイプのボトルキャップで補修工事しました。

雨漏り補修工事(折半屋根)


鉄骨工事


施工前の状態

鉄骨工事
矢印


鉄骨の劣化がひどく錆ていたのでサンダーケレンで錆を削り取り、フラットにしました。

鉄骨工事
矢印


錆止め

鉄骨工事
矢印


上塗り

鉄骨工事
カラーシュミレーション
ペンキ屋さんのBLOG
facebook
日進産業 GAINA
お問合せ
【対応地域】
清瀬市・東久留米市・新座市・所沢市
※23区等、上記以外の地域についてはお問い合わせください。